ラヴィウエディングTOP > 花嫁のお悩み相談 > 好印象を与える服装はコレ!結婚挨拶時のマナー

花嫁のお悩み相談

好印象を与える服装はコレ!結婚挨拶時のマナー

結婚が決まり、あとは両家へお挨拶を残すのみ。

いざ相手の親に挨拶するとなると初めて会う人も、面識のある人も緊張するもの。

そこで気を付けたいのが、【服装マナー】。

大事な場面だからこそ、しっかりと準備しよう。

e73042ad228adbea7c08ff5b35ed1843_m

【女性編】

相手の親は「嫁としてどうか」を考えるもの。

服装だけではなくメイクや振る舞いにも気を配っておこう。

 

①ヘアスタイル・メイク・身だしなみ

明るすぎるヘアカラーや強いパーマ・巻き髪などは避けた方がベター。

ナチュラルメイクを心がけ、ネイルや長い爪、香りの強い香水もNG。

 

②アクセサリー

つけ過ぎは禁物。また、高価すぎるものや派手すぎるものも避けましょう。

 

③服装

派手すぎず地味すぎないスーツかワンピースが無難。

正座する場合もあるので、タイトスカートも避けよう。

またビジネススーツはふさわしくないのでこちらも避けた方がよい。

 

④バッグ・靴

生足、網タイツ、ミュール、ブーツは厳禁。

ヒールが高すぎない程度のパンプスで。

明らかに高額と分かるブランド物もこの日は避けた方がベター。

 

【男性編】

気になるのは「娘を託しても大丈夫?」という点。

大切な日にふさわしい装いを心がけて。

 

①ヘアスタイル・身だしなみ

長すぎる髪や茶髪、無精ひげなどはNG。

清潔感も大切に。普段ピアスをしていても、この日ははずしておこう。

 

②服装

グレーやネイビーなどのシンプルなスーツが無難。

スーツでない場合も、ジャケットの着用がベター。

派手すぎるネクタイも避けて。

 

③靴・靴下

スーツの色に合わせた新品の靴下を用意。

黒や茶色の革靴を磨いておき、中敷の汚れも気になるようなら替えておこう。

1c0a0c2f5c28e837d548e744ef2faf70_m

もし結婚の挨拶までに何度か会っていて顔見知りだったとしても

この日はきちんとした服装を心がけて。

きちんとした服装で挨拶した方が「けじめ」が見られて親も安心できるはず。

服装マナーは結婚の挨拶の中でも重要ポイントです。

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
お得なウェディング情報!!
結婚が決まったら、まずラヴィへご相談を
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

ラヴィに行ってみる

ラヴィに行ってみる

情報誌ラヴィ2018年最新号の無料プレゼントへ応募

来店予約