ラヴィウエディングTOP > 花嫁のお悩み相談 > 結婚式見積り~特有の用語~

花嫁のお悩み相談

結婚式見積り~特有の用語~

結婚式場でもらえる見積書の見方、皆様ご存じでしょうか?

見積書に専門用語が使われていて、

「意味はなんとなくは分かるけど・・・」とざっくり理解されている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回は結婚式見積用語についてご紹介です!

まずは用語をしっかり理解して、その次に金額をチェックしていきましょう。

2334392_m

①会場使用料

会場を使用するために支払う料金。

1人あたりの料金×人数分で請求されることもある。

「席料」「会場費」という項目になることも。

 

②控室料

両家の親族が挙式や披露宴が始まるまでの時間を過ごす控室の使用料。

会場使用料に含まれることもある。

 

③美容着付け

衣裳1着ごとにかかる着付けやヘアメイクの費用。

和装は高くなる傾向がある。

会場によってヘアメイクが別のところもある。

 

④筆耕料

招待状の宛名書きを、プロに依頼した場合にかかる費用。

数百円×招待状部数分の費用になることが多い。

 

⑤芳名帳(ゲストブック)

受付でゲストに名前や住所などを書いてもらうもの。

ノートタイプのものが多く、自分で用意する人もいる。

 

⑥寿袋(ペーパーバッグ)

引き出物や、引菓子をいれる手提げ袋のこと。

丈夫で高級感のある質感で有料の場合が多く、大きさにより価格が変わることも。

 

⑦音響照明

マイクやBGMなどの音響、照明機材の使用料や操作する人にかかる人件費。

最新機材や特殊機材は追加料金が発生することも。

 

⑧介添え料(アテンド料)

ドレスや和装で動きにくい花嫁に付き添って、

身の回りの世話やサポートをしてくれる人へ支払う費用のこと。

 

⑨サービス料

サービスへの対価として、料理、飲物、席料、ケーキなどに加算される料金。

会場によって加算の対象になる項目が異なる。

 

人生の一大事「結婚」ともなると大きな金額が動くもの。

二人に合ったスタイルで、無理なく素敵な結婚式を迎えるために

見積書は隅々までチェックをして結婚式の準備をしよう♪

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
お得なウェディング情報!!
結婚が決まったら、まずラヴィへご相談を
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

ラヴィに行ってみる

ラヴィに行ってみる

情報誌ラヴィ2018年最新号の無料プレゼントへ応募

来店予約