ラヴィウエディングTOP > 花嫁のお悩み相談 > 結納ってなに?

花嫁のお悩み相談

結納ってなに?

皆様ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

本日は「結納」について少しお話させて頂きますね!

聞いた事はあるけれど、詳しくは分からないという方も多いのではないでしょうか?

これをきっかけに少しでもご興味を持って頂ければと思います!

結納とは・・・?

「結婚の約束」を公にするために行う、伝統的なスタイルの儀式になります。

「結んで納める」という字のとおり、両家が親類となって「結」びついたことを祝い

贈り物を「納」め合うということです。

 

結納にはスタイルがある

「正式結納」と「略式結納」の2つのスタイルがあります。

正式結納・・・仲人が両家を往復して9品の結納品(目録)や結納金を届けるスタイル。

地域や家のしきたりによって行われる場合が多い。

 

略式結納・・・両家がどちらかの家やホテル、料亭などで集まり結納を行うスタイル。

結納品(目録)の数も減らしライトなスタイルが可能。

最近では、仲人をたてない場合も多く、こちらのスタイルが増えてる。

 

結納品も地域によって違いがある為、新郎新婦様 どちら側の地域に合わせてされるかは

ご両家の皆様と話し合いながら決めてくださいね!

 

 

結納のダンドリ

①日時、場所、仲人を立てるかどうかを決める

②両家のしきたりを確認し、違うならどちらに合わせるか決める

③結納品の数、家族書の交換、結納金をどうするか決める

④婚約記念品、結納返しをどうするか決める

 

最近では式場やホテルで用意されている「結納パック」を利用される事も一般化しています!

結納パックとは、結納品のセッティング、食事、写真等がセットになっているもので、

準備や後片付けをしなくても良いのが人気の理由です!

料金や内容は会場によって異なるため、結納をお考えての方はお問合せください。

 

 

最後に・・・

結納は必ず行わなければならないものではありません。する、しないは自由です。

ただし、結婚は当人同士だけでなく両家が関わる大切な事。

婚約の証を儀式として執り行うことでお互いに誠意を示し、良い親戚関係を築く礎となると思います!

また、ふたりの気持ちにけじめをつける意味もあり、結納式を行う意義はとても大きいのではないでしょうか。

 

はじめは結納をおこなうつもりがなく、親に言われたから渋々おこなったという方でも

「やって本当に良かった!とても良い記念になったし、結婚の重さも感じた。何より、両家の両親も本当に喜んでくれた。」

と話される方が多く、両家共に結婚に対する意識が高まるようです。

 

伝統的で格式高い結納、比較的カジュアルな雰囲気でおこなわれる顔合わせ食事会。

それぞれ違いはありますが、互いの両親の意向も伺いつつ、自分たちに合ったスタイルを選びましょう。

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
お得なウェディング情報!!
結婚が決まったら、まずラヴィへご相談を
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

ラヴィに行ってみる

ラヴィに行ってみる

情報誌ラヴィ2018年最新号の無料プレゼントへ応募

来店予約