ラヴィウエディングTOP > 花嫁のお悩み相談 > 親への結婚挨拶<準備編>

花嫁のお悩み相談

親への結婚挨拶<準備編>

二人の結婚の意思が決まったら、次にするのがお互いの親への結婚報告。

当日は緊張すると思いますが、事前にできるだけ準備をして当日を迎えましょう。

事前に話し合っておくべきこと、準備するもの、ぜひ参考にしてくださいね♪

2376c12c565080ed0ac536761ea05163_m

~まずは挨拶当日までのダンドリ~

①挨拶の日を決める

2週間くらい余裕を見て連絡を。

親から時間の指定がない場合、食事にかからない14時ごろの約束がベスト。

 

②お互いの親に相手の情報を伝える

彼の人柄、家庭環境、年齢、職業などを紹介。

また訪問の理由が「結婚の報告」であることを伝えよう。

 

※ここでポイント☝

【親に】

基本的な情報は自分からきちんと伝えましょう。

当日避けたい話題、シャイで口数が少ない、など相手のことを事前に伝えておくと、親の方も心の準備ができ当日スムーズな会話になります。

【相手に】

自分の親の年齢や仕事、趣味、性格などの情報を相手に伝えておきましょう。

親同士の共通点や興味を持っていることなど、共通点があると話題にしやすいし、親近感もわくものです。

 

③お互いの親の情報を交換する

基本的な情報以外にも、頑固・陽気・人見知り・おしゃべりなど、お互いの親の性格やクセなども情報交換して対策を。

 

④手土産を用意する

当日近所で買うのは×。日持ちする品は1週間、賞味期限が短いお菓子は2、3日前くらいまで用意。

好みを事前にリサーチを。

 

※ここでポイント☝

【手土産の相場は?】

相場は2,000円~3,000円で、フルーツやお酒、ケーキなどの食べ物を持参する人が多いです。

「私の地元で美味しいと評判で・・・」など、会話のきっかけになるので、前もって相手にご両親の好みを聞いておきましょう。

 

⑤ふたりそろって結婚の挨拶へ

当日の服装を決め、必要なアイテムを用意、ヘアスタイルも整えて。

遠方の場合は交通チケットやホテルの予約も早めに。

 

※ここでポイント☝

【身だしなみ】

服装はあなたの第一印象を決めます。

それまでに何度か会って親しくなっていても、きちんとした装いで訪問しましょう。

【男性】

スーツがベスト。髪型や髪の色、髭にも注意。

靴の汚れにも気を遣いましょう。

【女性】

上品なスーツやワンピースが一般的です。

丈が短いスカートは避け、きちんとストッキングを履きましょう。

 

次回は親への結婚挨拶<当日編>をお送りしますので

ぜひ楽しみにしてくださいね!

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
お得なウェディング情報!!
結婚が決まったら、まずラヴィへご相談を
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

ラヴィに行ってみる

ラヴィに行ってみる

情報誌ラヴィ2018年最新号の無料プレゼントへ応募

来店予約